ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

ギャルゲー

フラテルニテ 感想

「救い」とは一体何なのか、と考えてしまう作品でした。 実は発売前から気になってて体験版もプレイして、アングラ感あふれる雰囲気に惹かれてたんですが、「アレを食べる」シーンがあると聞いて恐ろしくて手が出せずにいました。いろいろな感想を聞く中やっ…

Imitation Lover 感想

恋愛の価値観は人それぞれなんだなと思わされる作品でした。

Crescendo ~永遠だと思っていたあの頃~ 感想

評価が高く気になっていた作品でした。

鬼うた。 感想

鬼うた。フルコンプしましたー。主題歌の良さと鬱要素があるとのことで気になっていたのですが最近DL版が出たのでやってみました。以下ネタバレ。

最近クリアしたもの

アルカディアの灯火

ライター買いだった作品。

俺たちに翼はない

vita版、フルコンしました

最近クリアしたもの

最近コンプしたものについてネタバレ感想

アルテミスブルー レビュー

アルテミスブルーコンプしました。

ぼくの一人戦争 レビュー

クリアしました。以下ネタバレ感想

恋ではなく レビュー

とてもきれいな作品でした。

ギャルゲーまとめてレビュー

何作か感想をまとめて書きます。

素晴らしき日々 レビュー

すばひび感想です。

たいせつなきみのために、ぼくにできるいちばんのこと レビュー

このゲーム、タイトルと同名のテーマソングがすごく良かったのでプレイしてみました。

車輪の国、向日葵の少女 レビュー

次に、G線のライターつながりで車輪の国もプレイしました。

OZMAFIA!!-vivace-円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~