ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

車輪の国、向日葵の少女 レビュー

次に、G線のライターつながりで車輪の国もプレイしました。

 

個人的には合いませんでした。人の弱さというものを書くのが上手いからこそ読んでいて耳が痛くなった(特にさちルート)ので楽しいというより色々考えてしまって。また、G線が面白すぎて、同じようなものを期待してしまったところがあったんだと思います。

例の伏線は鳥肌もので、そこからの展開は本当のめり込みました。本当にネタバレ読んでなくて良かった。同じライターさんでも物語の方向性が違うとこんなに変わるということ、有名作だし絶賛されるのも分かる、でも合わないってこともあるんだな…とかある意味勉強になった作品でした。でもるーすさんの叙述トリック、シナリオの発想はやっぱりすごいなと思います。

 

OZMAFIA!!-vivace-