ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

オメルタCT 感想②

橘ルート&マスタールート感想

 

 

とにかく、再開したときに抱き着いてきたシーンが非常に良かった。こういうストレートに感情を表現してくれるの嬉しいな。先に攻略した人たちは理由があったとはいえ再開シーンですぐ喜び合う、というのがなかったから余計に。

BAD辛いなあ。JJも助けたくて必死だったのにこれは...本編の橘BADが他と比べあっさりめだったので衝撃度が強かった。SADがまだ良いかな。ケンカしてないし。

GOODでは2人仲良く旅行いいなあ。橘は一番JJのこと可愛いとか俺の嫁さんとか言ってくれる気がします。その度橘さん分かってるわーやっぱJJ可愛いよね...ってなりました。

マスター

風呂上り後のCGの破壊力がやばい。マスターの帰りを玄関で待つJJ可愛い。SAD、BADを見るにはマイナスな選択肢を選ぶんですけどこれがきつい。JJが情報屋を継ぐことに関して、マスターが想いを確認するやりとりがよかったな。必要以上に表に出ず、影で支えていく情報屋の仕事をこなしてきたマスターは本当にすごい人だなと改めて思いました。

 

タイトルから嫌な予感はしたんですがBADがきつい。マスターはやっぱり優しすぎるんだよ...そして最後のCGとか悲しすぎる。

SADもよりによって解決したと思ったら旅行の途中でとかもう。まさかここで別れの曲がまた流れるんですよ。この演出はずるい。泣くに決まってる。ここの声優さんの演技が素晴らしすぎて一層泣けた。そしてあのED曲とかどんだけ悲しい気分にさせるんだ...

GOODは二人とも無事で本当に良かったよ...ただマスターは腰がとかもう歳ですからみたいな発言の割には元気すぎると思うんですが。JJが可愛いから仕方ないか。

JJのバーテン姿格好いい...髪結んでるのもまた可愛い。これはJJ目当てでくる客絶えなさそうだ。そういう意味ではマスターも心配じゃないかな。後、瑠夏もけっこうちょっかい出してきそうだし。なんかJJが情報屋になるって不思議な感じ。でもやっぱり、エピローグ・バーのマスターは藤堂さんしかいないって気がするんだよなー。あの音楽と癒される声の組み合わせからくる安心感はマスターだからこそ出せる気がします。

OZMAFIA!!-vivace-