読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

ぼくの一人戦争 レビュー

クリアしました。以下ネタバレ感想

 序盤では話が見えずよく分からなかったのですが、「会」の真相が明らかになるにつれてどんどん話に引き込まれていきました。

最後のみんなが蓮司を支えるCGと挿入歌のタイミングが絶妙でした。ここの辺りでずっとうるうる来てた。

個人的に長さは丁度良かったと思いますが、永治の事や徹と沙代のその後のエピソードとか読みたかったけどこの話は、蓮治とるみのための物語を書きたかったのかなと思います。

るみちゃんの表情すべてが可愛いくて癒されました。会の時の凛々しい表情も素敵でした。特に、キスしてもらった!ってガッツポーズ取るシーンは可愛いすぎた。

るーすさんなら叙述トリックに期待してしまうけれど、前二作に比べれば今回はあまり大きなものがなかったです。でもそれ以上に、仲間達が会を通じて悩みながらも成長していく姿に感動したし、蓮治とるみは互いに心から信頼してて愛し合っているのが眩しいくらいに伝わりました。

ウエディングドレスのラストは本当に見てて幸せな気持ちになりました。

やっぱりるーすさんの読ませてくれるテキスト好きです。

OZMAFIA!!-vivace-