ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

アルテミスブルー レビュー

アルテミスブルーコンプしました。

 飛行機を愛する人たちの浪漫あふれる熱い物語でした。

本当に面白かった...!

どの章も感動と燃えが詰まっていて、終わるたびごとに涙目になってました。

こういう作品があるからギャルゲーは侮れないし、やめられないんだよなあ...

主人公のハルの明るさと頑張り屋な姿には何度も元気をもらえました。病気を発症しても諦めない姿と根性は格好良かった。

サブキャラも全員魅力的でした。生き様から格好いいし、皆ハルが大好きなんだなってのが伝わってきました。乗ったら飲む~の姿とか外国映画のキャラみたいで清々しかった。

ドナルドさんの「どんなに苦しくて格好悪くてもそれが自分の人生だ。そこで精一杯踏ん張って生きるしかねえ」

というセリフは胸にきました。

曲はクラシックのアレンジが多くどの曲も合っていたなあ。特にラストのジュピターは反則だった。

ハルと星野さんは最終的に自分の道を歩む結論を出すけど、本当に空、宇宙を愛する二人らしくて納得した。

声優さんの迫真の演技が感動を強めてくれました。やっぱりフルボイス作品は良いなあ。物語の熱さもあって、映画を見ているような楽しさで、大好きな作品になりました。

OZMAFIA!!-vivace-