読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

大正メビウスライン帝都備忘録 感想

メビウスがますます好きになったFDでした。本編と同じ順序で攻略したのでその順に感想書いていきます

 時雨

冒頭の姿の格好良さといい時雨を見守る京一郎の優しい眼差しと、彼を一人の男として尊敬し愛しているというのが伝わってくるのが良かった。五本刀の子供達にスポットが当たる内容で子供たちを想う時雨の優しさとか、時には京一郎の前だけで弱気な一面をみせたり改めて二人の絆の強さを感じることのできるシナリオだったなあと。子供達の異能が消えたところに関しての解決があっけなく感じましたが...「誰もさ、色々抱えてるんだよ」という時雨の台詞が印象的でした。

薄墨桜の下で京一郎が「僕がいるよ」って手を握ってあげたり、死んでもこの桜の下で出会おうというやりとりに胸がいっぱいになった。幸福感と優しさに包まれた素敵なお話でした。

 

舘林

京一郎が完全に乙女と化していました。色気が半端じゃない。もう完全に互いの姿しか見えてなさそうな位に甘々な2人でした。本編ではあまり積極的に見えなかった舘林でしたが色々な国の言葉でねだる台詞を教え込んでいたってのに笑ってしまいました。あんまりこういうことに興味なさそうに見えたけど京一郎をより自分好みに調教した感すごい。執務室で行為に及んでしまった上「見られたら見せつけてやればいい」ってこの人は...でも本編のおろおろしてる感じよりはこれ位がっついてくれたほうが好きです。格好いいシーンもあったのにえろ方面の印象しかない。ラストの幻想的なED曲が印象的でした。

馨と薫ルートはifルートという感じでしたが馨×京一郎が可愛いらしかったです。成り行きみたいなノリじゃなくてしっかりルートほしいと思ってしまう可愛さだった...!

千家

覚悟して挑みましたがやっぱり辛かったです。すっかり冷血が板についた姿とか相手の事をいいように利用してしまえって思考が昔の京一郎じゃなかったよなあというか、色々な面で千家に似てきてるなあと。千家の甘えたさんぶりに驚いたけど彼の過去を思うと家族に甘えられる環境じゃなかっただろうからここにきてようやく信頼できる、甘えられる相手のいる安心感からきているのかもしれない。このルートではすっかり冷たい人になってしまったと思ったけど京一郎の持つ根の優しさは変わらなくて安心しました。

写真を撮ることで二人にも人間らしい姿があったということを残しておこうとか、ここにきて家族とも絶縁していることが分かったり、ラストの手紙の文とか「自身で選んだ道だから幸せだ」とかもう読んでいて胸が苦しかった。写真をバックに館を後にし、ラストの「離れませんよ、伊織」という台詞が忘れられない....そしてED曲の美しさとタイトルでさらに泣いた。その後ラジオから戦況を伝える音声が流れてくるのですがそれがもの悲しくて放心状態でした。世間からは冷酷な2人だと非難されても2人だけが抱えて知っている重く壮絶な運命を考えると辛くてたまらない。明るい姿の京一郎が好きだなとか思っていたけど千家を救えるのって京一郎しかいないんだと思うとそんなこと言ってる場合じゃなかったって気にさせられました。

 

ミサキ

グランドルートの小さい姿になった続きから始まり、彼を元に戻すには息吹を返してあげる、自分の命と引き換えになるという展開に千家ルートから落ち込んでいた身にさらに追い打ちをかけてしんどくなりました...生涯独身でミサキを想い続けたラストが印象的だった。エンド2の展開も切なくてこれ以上ダメージ負わさないでくれー状態でしたがエンド3の転生エンドが無事幸せそうで安心した。ほんと良かった…

濃密なFDでした。相変わらず時雨ルートが好きですが千家ルートの壮絶さにものすごいダメージを受けました。割とメリバや悲哀系は好きなのですがこれまでそう思っていたのは気のせいなのでは...という位には辛かったです。シナリオは素晴らしいんですけどしんどさが半端じゃない。千家みたいなタイプのキャラが苦手だったのでそれを見事に覆されたのもあり圧倒され、これまでプレイしてきたBLゲーの中でもトップクラスで余韻を引きづってしまうラストでした。

早く感想を上げたかったのですが好きすぎるあまり何を書いたらいいんだ状態で全くまとまりのない内容になってしまい、ある程度落ち着いた今何とか書けました。

メビウスラインのテーマは「天命に生きる」なのですがその通りどのルートでも「あなたと最期まで一緒にいる」という想いの強さが出ていてとてもしっくりくるテーマだなと思います。OP曲が本編では切ない感じでしたが、FDの曲は明るい曲調でだいぶ印象が違いました。

「きっと誰もが拭い去れぬ過去を持っているから せめて私はそれを分かち合いたいと願うのです」

この歌詞をクリア後に聞くと泣けてきました。これで終わってしまったのが本当に寂しい...大正メビウスラインに出会えて本当に良かったです。

 

 

 

OZMAFIA!!-vivace-