ノートの端

プレイしたノベルゲームの自己満感想ブログ

CLOSE終わりました

 

CAGE CLOSE フルコンしました。OPENが三か月かかった事を思うと早いです。

 

OPEN以上にグロいと聞いていたのでクリアできる自信なかったんですが.......

とっても面白かった!

はい。投げずにプレイしてよかったです。むしろCLOSEが好みです。

斉木と石松、ずるいなあ好きになるにきまってるんじゃんこんなの。ギャップが半端ない。大衡と来栖の三角関係なルートも好きです。

牧さんは不思議な人でした。紺野君が乙女でした。面白そうだからという理由だけでこんなに親身にされるのはどこか不思議に思いながらも彼の優しさ、甘さからじわじわ逃れられなくてすっかり虜になり最後にあの発言....うわーゲス!と思ったけれどそうそううまい話なんてないよね。牧を再び振り向かせる、関心を向けてもらうためにすっかり心身共にボロボロになってしまうのはみていてここまでするかと思ったけれど....でも最後、牧なら止められたんじゃないかなと思うんだよね。刃を受け止めたってことはああ言いながらもどこかで最後まで紺野君に期待していたのかなあ。

いくら牧さんが格好良いからってやられっぱなしはちょっと...だったけども、だからこそLOVEルートでの見返してやる、と必死に立ち向かう姿が格好良かった。やはり紺野君はこうでないとと思いました。濃い作品だったけどプレイできてよかった。

でも暫くBLゲーはいいかなって位に濃かった。とか言いつつどうせすぐやりたくなるんだろーな次はどうしよう。とりあえずやりかけのSK何とかしよう。オールクリアに意味あるそうなので頑張ります。

 

OZMAFIA!!-vivace-円交少女 ~陸上部ゆっきーの場合~